中央大橋歯科クリニック インプラントセンター併設

電話番号:0272-88-0418(オーヨイハ)

メインコンテンツ

パンクズメニュー


義歯・入れ歯

俗に『入れ歯』と呼ばれるものは、専門用語では『義歯』または『デンチャー』と言います。義歯は紀元前から現在に至るまで使用されている、最も古い道具の一つです。その材料は象牙や木片、金属、陶材などで、その時代に加工することができた材料を使用してきました。現在ではレジンと呼ばれる樹脂(プラスチック)を加工して使用しています。

そんな義歯ですが、コンセプトは昔からなんら変わっていません。それは歯のない部分の歯茎の上に載せて使用するということです。義歯が進化した部分とは、歯茎(粘膜)との適合精度の向上や、口腔内での維持力(粘膜上での安定力)の向上に過ぎません。現在では材料の加工技術が進歩しているため、精度が高く維持力に優れた義歯を作ることが可能です。

そんな現在の義歯でも、使いこなすには多少慣れが必要になります。最初は義歯特有の異物感や発音のしづらさ、咀嚼時の歯茎の圧迫感など乗り越えなければならない問題が少なからずあります。買ったばかりの靴と同じように使うことで徐々にお口の中に馴染むようになります。

義歯には様々な種類があります

義歯は以下の構成要素ごとに分類されます。

義歯本体の素材
  • 過熱重合レジン
  • 流し込みレジン
  • 熱可塑性樹脂
  • ルシトーンFRS樹脂
  • メタルプレート
バネの種類と素材

(維持装置)

  • 鋳造クラスプ
  • ワイヤークラスプ
  • 磁性アタッチメント
  • インプラントアタッチメント
  • コーヌス冠
人工歯の素材
  • レジン歯
  • 硬質レジン歯

これらの材料を組み合わせて(一部組み合わないものもある)ひとつの義歯が構成されます。

当院で扱っている義歯の種類と特性

当院では基本的に保険の範囲内で義歯を製作しています。インプラント義歯を除き、義歯はお口の中にある歯または粘膜で支えるものです。従って、義歯の種類や素材を変えたとしても飛躍的に機能が向上するわけではありません。義歯は義歯の機能を超えることはないのです。ただしナチュラルデンチャーのみ審美性という一点で優れている面があり、保険外診療になりますが取り扱っています。

ミラクルデンチャー

入れ歯のベースの部分(歯茎の部分)はレジンというプラスチックで作られています。一般に使われるプラスチックは『過熱重合レジン』というものですが、このレジンは入れ歯の製作が短時間で済むというメリットがあるものの、完成後の変形が著しく、精度が低いというデメリットがあります。そこで当院では完成後の変形が少ない『流し込みレジン』を使ったミラクルデンチャーを採用しています。ミラクルデンチャーはお口の中の粘膜との適合がよいのが特徴で、初めて装着するときの調整が少なく済みます。健康保険が適用されます。


OPCデンチャー

OPCデンチャーとはOne Piece Claspデンチャーの略で、ベースに一塊で作られる金属製のフレームとバネを組み込んだ入れ歯です。これにより入れ歯の強度を上げ、歯との適合精度を高めることができます。歯茎との接触部分であるプラスチックには『流し込みレジン』を採用しているので、粘膜との適合精度も高くなっています。この入れ歯はしっかりと固定できる歯が適度に残っている方に適しています。これほど質の高い入れ歯ですが、健康保険が適用されます。


ナチュラルデンチャー

ナチュラルデンチャーはアメリカで20年以上の臨床実績をもつルシトーンFRSという義歯用樹脂を使用した入れ歯です。柔らかいので曲げることができるため、バネの部分もこの樹脂で作ることができます。そのため金属を使う必要がなく、入れ歯の最大の問題である審美性を改善することができます。こちらの商品は健康保険が適用されず、自費治療となります。価格は162,000円(税込)です。


各入れ歯の特徴を比較
ミラクルデンチャー OPCデンチャー ナチュラルデンチャー
強 度 弱い 強い 普通(熱に弱い)
厚 み 厚い 普通 薄い
噛める力 弱い 普通 弱い
審美性 普通 悪い 良い

入れ歯の製作工程

①スタディモデル兼個人トレー用印象

入れ歯を作る手始めとして、入れ歯の形態や素材を設計する必要があります。これは歯列を大まかに型採りして作ったスタディモデルを参考に設計します。その後、スタディモデルを使って型採り用のトレーを製作し、精密な型採りに備えます。


②印象採得

用意した個人トレーを使って今度は歯列を精密に型採り(専門用語では「印象」と呼びます)します。残っている歯や歯茎の形を正確に写し取ることで、お口の中を再現した精密な模型が出来上がります。


③咬合採得

型採りの次に行うのが「咬み合せを採る」処置です。これも場合によっては困難を極めます。まだ歯の欠損が少数で、上下の歯の咬み合せが安定している方であればそれほど苦労はありません。しかし歯の欠損が多数で、上下の歯の咬み合せがほとんどない場合は、また不確定な基準に頼って咬み合せを決めることになります。多少の咬み合せの変化であれば人間の顎は順応できますが、大きく変わってしまうと咬むための筋肉が順応できず、結果的に噛めない入れ歯になってしまいます。


④排列試適

咬み合せが決まったところで、今度は歯科技工士が入れ歯の歯を並べます。入れ歯の歯を並べるときは普通に咬んだときに全ての歯が上下で均等に接触するように並べます。しかし、それを人のお口の中に移してみると意外と上手く咬まないことが多いのです。その原因は、人が物を噛むときは顎をずらして噛むからです。動きのあるお口の中では常に普通に咬んでいるわけではありませんので、当然の結果だと言えます。こうした場合は、顎の動きに合わせて歯の並びを調整する必要があります。


⑤装着・調整

入れ歯を使ったご経験のある方であればよくおわかりだと思いますが、出来上がったばかりの入れ歯はすぐに使えるようになるわけではありません。なぜなら製作過程で生じた小さな誤差が積み重なって大きな誤差となっているからです。その誤差を取り除くために入れ歯を使っていただきながら少しずつ調整していきます。調整はお口の中にしっかりと合うまで数回に渡って行います。