中央大橋歯科クリニック インプラントセンター併設

電話番号:0272-88-0418(オーヨイハ)

メインコンテンツ

パンクズメニュー


口腔外科

口腔外科領域とは

口腔外科領域は専門性が高く、入院を必要とするような手術などを手掛けるため、一般の歯科医院では手に負えないような疾患がほとんどです。その一例を以下に挙げます。

  • 腫瘍…良性のものから悪性のものまであります
  • 嚢胞…基本的に摘出が必要なものです
  • 奇形性疾患…先天的な骨格異常などを外科的に治療します
  • 粘膜疾患…ウイルスによる感染症から原因不明なものまであります
  • 重篤な感染症…蜂窩織炎のように重篤な感染症が対象です

一般の歯科医院で対応できる口腔外科領域とは

一般の歯科医院で対応可能な口腔外科領域の処置はかなり限られています。主には以下に挙げたような処置が可能です。

  • おやしらずの抜歯
  • 簡単な嚢胞摘出
  • 外傷の応急処置
  • 顎関節症の保存的治療
おやしらずを抜く理由

『おやしらず=抜かないといけない歯』というイメージを持っている方が多くいらっしゃいますが、実はそうではありません。歯科医師がこのおやしらずは抜く必要があると考えるに至るにはそれなりの理由があります。その理由をいくつか挙げますと、

  • おやしらずがすでにむし歯になっており、生えている場所が治療困難である場合
  • おやしらずがすでにむし歯になっており、治療したとしても歯ブラシが届きにくい場所に生えているため、プラークコントロールができない場合
  • おやしらずが横を向いて生えているために隣の歯がむし歯になってしまっている場合
  • おやしらずの一部が歯茎から見えている状態で、周囲の歯茎が頻繁に腫れるような場合
  • おやしらずが生えてきたことで、歯並びに悪影響が出てきた場合
  • おやしらずが歯科矯正の支障になる場合

上記のような理由がある場合には、おやしらずを抜く必要があると判断します。それ以外で特に問題がなく歯列に収まって並んでいるおやしらずは、そのまま残しておいても特に問題はありません。


おやしらずは大部分が歯茎に覆われており、横を向いて生えています


レントゲンで確認するとおやしらずが横を向いているのがよく分かります

顎関節症
顎関節とは

顎関節は頭の骨と顎の骨が連結して形成される関節のことで、耳の前辺りに位置しています。顎関節には関節円盤と呼ばれる軟骨が骨と骨の間に挟まっていて、これにより関節の動きがスムーズになっています。

顎関節症とは

「口が開けにくい」、「口を開けると痛い」、「口を開けるときに音がする」といった症状を主に、耳の痛み、めまい、眼精疲労、頭痛、肩こりなど様々な症状を呈します。症状が重篤化すると「口が開かない」、「口を開けるとミシミシ音がする」といった症状に変わってきます。

顎関節症の発症メカニズム

顎関節に過剰のストレスがかかると、顎の骨が後ろに押し込まれて顎関節の後方にある血管が豊富な柔らかい組織(疎性結合組織)を圧迫し、血流を悪くします。これが目、耳、肩、顎に様々な問題を引き起こします。これと同時に顎関節では関節円盤が前の方にずれてしまうため、顎関節の動きに障害が出てきます。

顎関節症の原因

不正歯列、くいしばり、頬杖、寝返りといった原因が考えられていますが、はっきりとした原因は分かっていません。特に注目されている原因としては、心理的なストレスによって睡眠中に歯軋りが誘発され、顎関節に大きなストレスがかかって顎関節症を発症するという説です。

顎関節症の治療

基本的にスタビライゼーション型スプリントと呼ばれるマウスピースによる治療がメインになります。マウスピースを入れた状態で顎関節内の顎の骨と関節円盤を理想的な位置に誘導して、その状態で維持させるようにします。マウスピースにはもうひとつ役割があり、歯軋りの力を逃がすことで顎関節にストレスをかけないという目的もあります。