中央大橋歯科クリニック インプラントセンター併設

電話番号:0272-88-0418(オーヨイハ)

メインコンテンツ

パンクズメニュー


設備のご紹介

当院の設備について
歯科医療の進歩は道具の進歩と言い換えられるくらい、歯科医師の仕事は道具に依存しています。常に新しい道具を取り揃えることで、患者様により良い治療がご提供できると信じています。今後もよい道具や材料があれば積極的に取り入れたいと思っています。

医院外観

ユニット

ユニットは3台設置しております。そのうち1台はインプラントオペ専用です。


iPad

iPad

当医院では、患者様の検査データ、画像などをiPadで管理しております。これにより効率的に検査値等の入力が可能になり、さらに視覚的に解り易いデータとなっております。


笑気吸入鎮静器

笑気吸入鎮静器

亜酸化窒素(N2O)とも言われる、無色でわずかに甘い香りのある無刺激性の吸入麻酔薬です。毒性はなく、副作用などの心配もまったくありません。精神鎮静作用により治療が受けやすくなります。


オートクレーブ

オートクレーブ

医療器具類の滅菌のため、当医院ではオートクレーブを導入しております。滅菌にはいくつかの手法が存在しますが、オートクレーブはその中でも最もポピュラーで簡便な滅菌方法です。


基本セット

基本セット

全ての治療に使われる基本的な器具類です。1セットずつ滅菌パックされ、オートクレーブにて滅菌済みです。使用直前に開封しますのでとても清潔です。


生体情報モニタ

アーム型X線CT診断装置

朝日レントゲン工業のAZ3000CTという最新のCT診断装置です。高精度のフラットパネルディテクタを採用しているため、画像の精度が高いのが特徴です。特にインプラント治療においては1㎜の誤差も許されない場合がありますので、術前診査においてはCT撮影が欠かせないものになっています。


診療室

ScanX Duo

X線データをデジタル画像に変換する装置です。これにより低被爆でもクリアなレントゲン画像を撮影することができます。当医院では、この装置から各ユニットのモニターとiPadへ画像を転送し、患者様へのご説明や治療に役立てています。


生体情報モニタ

生体情報モニター

心拍数、血圧、酸素飽和度といったバイタルサインを長時間にわたってモニタリングする機器です。主にインプラント埋入手術時などに使用しますが、その他の治療でも体調変化が懸念される患者様の安全を確保する為に使用しております。


生体情報モニタ

オペ用ライト

インプラント手術をはじめとする外科処置では、狭くて暗いお口の中を明るく照らすライトは必要不可欠です。一般の歯科用ライトでは届かない所まで明るく照らせるので、術野の確認が容易にできます。